京都府綴喜郡井手町の寺院

京都府綴喜郡井手町の寺院一覧

京都府の画像

スポンサードリンク

綴喜郡井手町 安養寺京都府綴喜郡井手町
石垣宮ノ本33
綴喜郡井手町 西福寺京都府綴喜郡井手町
大字井手小字柏原73
綴喜郡井手町 念仏寺京都府綴喜郡井手町
大字多賀小字甚五郎谷22-23
綴喜郡井手町 安楽寺京都府綴喜郡井手町
大字多賀小字西南組47
綴喜郡井手町 地福寺京都府綴喜郡井手町
大字井手小字北溝25
綴喜郡井手町 西福寺京都府綴喜郡井手町
大字多賀小字甚五郎谷12
綴喜郡井手町 阿弥陀寺京都府綴喜郡井手町
大字井手小字山縁23
綴喜郡井手町 乗蓮寺京都府綴喜郡井手町
大字多賀小字奥西21
綴喜郡井手町 円覚寺京都府綴喜郡井手町
大字井手小字浜田12
綴喜郡井手町 正蓮寺京都府綴喜郡井手町
大字井手小字南猪之坂35
綴喜郡井手町 玉川寺京都府綴喜郡井手町
大字井手小字宮ノ本104-1
綴喜郡井手町 宝蔵院京都府綴喜郡井手町
大字田村新田小字有王37
綴喜郡井手町 地蔵院京都府綴喜郡井手町
大字井手小字東垣内16
綴喜郡井手町 真蔵院京都府綴喜郡井手町
大字多賀小字西北河原10
綴喜郡井手町 修福寺京都府綴喜郡井手町
大字井手小字玉の井11-1

寺院葬儀のポイント

スポンサードリンク

寺院葬儀とは、お寺で行なう葬儀のことをいいます。
菩提寺や昔からお世話になっているお寺、また同じ宗派の中のお寺に依頼して、本堂やお寺が指定する貸式場などで葬儀が行なわれます。葬儀スタイルは、時代とともに多様化してきました。 昔は、地域で付き合いがある菩提寺やお寺で葬儀をするのが自然でしたから、寺院葬儀が当たり前だったのです。しかし、最近は葬儀に対する様々なニーズや地域でのコミュニケーションの形の変化に伴い、葬儀社での斎場葬儀や家族葬、自宅での葬儀などが主流となっています。

寺院葬儀のメリット

寺院葬儀のメリットをお話しします。

1. 祭壇費用がかからないので費用が安い
本堂には、もともと厳かな祭壇が用意されているので、1から祭壇を用意する必要がなく、費用をかけずに厳粛な雰囲気の中、葬儀を行なえます。

2. 格調ある本堂で葬儀できる
お寺には、伝統ある本堂や庭、植物など格調高いスペースが多いです。そうした中で行なわれる葬儀には重みが感じられます。

3. 故人とゆっくりお別れすることができる
家の宗派のお寺で行なう葬儀のため、遺族同士の絆も固く、家族や親戚の人たちとともに、故人とゆっくりお別れすることができます。

葬儀会社の葬儀の違い

スポンサードリンク

お寺が保有する式場にて寺院葬儀を行なう場合、葬儀会社の葬儀とよく似たスタイルになることもあります。そうしたことから、寺院葬儀と葬儀会社の葬儀との違いが分かりにくく感じられることがあるのです。

基本的な違いは、寺院葬儀は家の宗派のお寺に依頼する葬儀で葬儀会社の葬儀は、葬儀会社に依頼する葬儀です。他にも違う点がいくつかあります。

1. 祭壇費用の違い
・寺院葬儀は、お寺の祭壇があるので生花を置くだけで立派な祭壇ができ、費用も安い
・葬儀社の葬儀では、1から祭壇を用意しなければいけないので祭壇費用+生花代がかかる

2. 葬儀場の違い
・寺院葬儀は本物のご本尊や本堂で格調高い葬儀ができる
・葬儀社の葬儀では、本堂のような厳かさはないけれども豪華なセットの中で葬儀ができる

3. 宗派やスタイルの違い
・寺院葬儀は、家の代々の宗派のお寺で行なうため、その宗派の仏式しかできない
・葬儀社の葬儀は、自由に場所が決められる上に、家族葬や密葬、自宅での葬儀、火葬だけを行なう直葬、お別れ会など宗教も自由に選べる

京都府

京都市 京都市北区 | 京都市上京区 | 京都市左京区 | 京都市中京区 | 京都市東山区 | 京都市下京区 | 京都市南区 | 京都市右京区 | 京都市伏見区 | 京都市山科区 | 京都市西京区
その他の市 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市
乙訓郡大山崎町 | 久世郡久御山町 | 綴喜郡井手町 | 綴喜郡宇治田原町 | 相楽郡笠置町 | 相楽郡和束町 | 相楽郡精華町 | 相楽郡南山城村 | 船井郡京丹波町 | 与謝郡伊根町 | 与謝郡与謝野町