お布施の書き方

お布施の書き方

Q. お布施の表書きは、何色の墨で書けばいいのですか?薄墨ですか?
A. お布施の表書きは、薄墨ではありません。 黒墨ではっきりと書きます。

スポンサードリンク

Q. お布施の表書きをうまく書けないのですが・・・
A. 表書きをせずに渡してもいいですし、表書きがもうプリントされている封筒も販売されています。
Q. 表書きには何と書くのですか?
A. 表書きは、「御布施」や「お布施」と書くのが一般的です。 何も書かずに渡すこともあります。
Q. 中袋の書き方を教えてください。住所や氏名は書くべきなのですか?
A. 中袋の住所は氏名は書くべきです。 書く場所は、中袋の裏面の左側です。
Q. 中袋の金額はどこに書けばいいのですか?正しい金額の書き方も教えてください。
A. 金額は中袋の右側に書きます。 金額の上に「金」と書き、金額は漢数字でなく旧字体の方が丁寧な印象になります。 5万円であれば、「伍萬圓」10万円であれば「壱拾萬圓」というように、なるべく旧字体で書きましょう。

スポンサードリンク

■よく見られるページ

お布施の相場
Q. 通夜や葬儀のお布施の相場を教えてください。A. 通夜や葬儀のお布施の相場には、かなり幅があります。 平均的には、2日間の場合、20万円前後です。 相場は、15万円~50万円となっており、戒名や法名の種類によってもかなり幅が出てきます。お布施の相場の詳細はこちら

お布施 49日法要
Q. 49日法要のお布施の相場はどれくらいですか?A. 49日法要のお布施の相場は、3万円〜5万円程度だと言われています。 しかし、お布施に関してはあくまでも目安なので、包める金額で無理しないようにしましょう。お布施 49日法要の詳細はこちら

浄土真宗の葬儀
Q. 浄土真宗とは、どんな宗派なのですか?A. 浄土真宗とは、親鸞が開いた浄土教の一派です。 親鸞は、浄土宗の開祖の法然の弟子です。阿弥陀仏の力で万人が救われるという他力本願な考え方です。国内では、寺院も信者も一番多いです。浄土真宗の葬儀の詳細はこちら

寺院葬儀のデメリット
お寺のやり方に合わせなければいけない寺院葬儀は、葬儀のやり方などの全てをお寺に合わせなければいけません。葬儀社での葬儀では、利用者の意見を中心に聞いてプランやスタイルを組み立ててくれますが、寺院葬儀にはそのようなサービスがありません。お寺のやり方は、つまりその宗派のやり方に合わせるということになります。寺院葬儀のデメリットの詳細はこちら

スポンサードリンク