お布施 新札(ピン札)

お布施 新札(ピン札)

Q. お香典は古札を包むと聞きましたが、やっぱりお布施は新札(ピン札)を包む方がいいのですか?それとも古札ですか?
A. お布施もお香典と同様に古札です。お祝い事は新札(ピン札)で、お悔やみごとは古札だと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

Q. なぜ、お布施は古札で渡すのですか?
A. お香典の場合は、突然の不幸に驚いているという意味で、古札を包みます。 新札(ピン札)を包むと、不幸の日を待っていたように思われてしまいますね。 本人はそう思っていなくても、そのように捉えられてしまいます。 そうした考えのもとに、お布施も古札で渡すという風習になっています。 最近は、その風習も消えつつあるようですが、やはり年配の方に対しては失礼なので、なるべくお悔やみごとでは古札を包むようにしましょう。
Q. 新札(ピン札)しかない場合は、どうすればいいのですか?
A. 新札(ピン札)しかないこともありますよね。 そんな時は、縦に1本折り目をつければ大丈夫です。
Q. 汚れていたり破れているお札は包まない方がいいですか?
A. 古札といっても、見た感じ、あまりにも汚いお札は失礼になります。 なるべくなら、古札の中でも、あまり汚れていないお札を選ぶといいでしょう。

スポンサードリンク

■よく見られるページ

お布施の相場
Q. 通夜や葬儀のお布施の相場を教えてください。A. 通夜や葬儀のお布施の相場には、かなり幅があります。 平均的には、2日間の場合、20万円前後です。 相場は、15万円~50万円となっており、戒名や法名の種類によってもかなり幅が出てきます。お布施の相場の詳細はこちら

お布施 49日法要
Q. 49日法要のお布施の相場はどれくらいですか?A. 49日法要のお布施の相場は、3万円〜5万円程度だと言われています。 しかし、お布施に関してはあくまでも目安なので、包める金額で無理しないようにしましょう。お布施 49日法要の詳細はこちら

浄土真宗の葬儀
Q. 浄土真宗とは、どんな宗派なのですか?A. 浄土真宗とは、親鸞が開いた浄土教の一派です。 親鸞は、浄土宗の開祖の法然の弟子です。阿弥陀仏の力で万人が救われるという他力本願な考え方です。国内では、寺院も信者も一番多いです。浄土真宗の葬儀の詳細はこちら

寺院葬儀のデメリット
お寺のやり方に合わせなければいけない寺院葬儀は、葬儀のやり方などの全てをお寺に合わせなければいけません。葬儀社での葬儀では、利用者の意見を中心に聞いてプランやスタイルを組み立ててくれますが、寺院葬儀にはそのようなサービスがありません。お寺のやり方は、つまりその宗派のやり方に合わせるということになります。寺院葬儀のデメリットの詳細はこちら

スポンサードリンク