臨済宗の葬儀

臨済宗の葬儀

Q. 臨済宗とは、どんな宗派ですか?
A. 臨済宗は、鎌倉時代に明庵栄西が日本に伝えた禅宗のひとつです。浄土宗、浄土真宗の念仏を唱えて極楽浄土へ渡ることを他力として坐禅によって悟りを得ることは自力だという考えがもとになっています。鎌倉時代に武士の坐禅により広がりました。

スポンサードリンク

Q. 臨済宗の葬儀の流れを教えてください。
A. 臨済宗の葬儀の流れは次のとおりです。
  • 1. 諸仏の入場を願う「入堂 」が行なわれます。
  • 2. 僧侶が剃髪用のカミソリを持ち「剃髪の偈」をお唱えします。
  • 3. 「懺悔文(さんげもん)」「三帰戒文(さんきかいもん)」「三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)」「十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)」の順でお唱えされます。
  • 4. 香に薫じて霊前に安置する「血脈授与」が行なわれます。
  • 5. 「大悲呪」と「回向文(えこうもん)」がお唱えし、入棺する「入龕諷経(にゅうがんふぎん)」が行なわれます。(実際にはすでに入棺されています。)
  • 6. 「大悲呪」と「回向文」が唱えられ、棺を閉じる「龕前念誦(がんぜんねんじゅ)」 が行なわれます。
  • 7. 「大悲呪」と「回向文」が唱えられて、「起龕諷経(きぜんねんじゅ)」が行なわれます。 
  • 8. 「往生咒(おうじょうしゅ)」を唱え、太鼓やハチなどを鳴らし、僧侶によって「引導法語」が唱えられます
  • 9. 「観音経」「楞厳呪(りょうごんしゅ)」「大悲心陀羅尼」などが唱えられて「焼香」と「出棺」が行なわれます。
Q. 臨済宗のお焼香方法を教えてください。
A. お焼香は1回で、額にいただかず、香炉にくべます。2回の場合もあり、1回は額にいただき、2回は香炉にくべます。

スポンサードリンク

■よく見られるページ

お布施の相場
Q. 通夜や葬儀のお布施の相場を教えてください。A. 通夜や葬儀のお布施の相場には、かなり幅があります。 平均的には、2日間の場合、20万円前後です。 相場は、15万円~50万円となっており、戒名や法名の種類によってもかなり幅が出てきます。お布施の相場の詳細はこちら

お布施 49日法要
Q. 49日法要のお布施の相場はどれくらいですか?A. 49日法要のお布施の相場は、3万円〜5万円程度だと言われています。 しかし、お布施に関してはあくまでも目安なので、包める金額で無理しないようにしましょう。お布施 49日法要の詳細はこちら

浄土真宗の葬儀
Q. 浄土真宗とは、どんな宗派なのですか?A. 浄土真宗とは、親鸞が開いた浄土教の一派です。 親鸞は、浄土宗の開祖の法然の弟子です。阿弥陀仏の力で万人が救われるという他力本願な考え方です。国内では、寺院も信者も一番多いです。浄土真宗の葬儀の詳細はこちら

寺院葬儀のデメリット
お寺のやり方に合わせなければいけない寺院葬儀は、葬儀のやり方などの全てをお寺に合わせなければいけません。葬儀社での葬儀では、利用者の意見を中心に聞いてプランやスタイルを組み立ててくれますが、寺院葬儀にはそのようなサービスがありません。お寺のやり方は、つまりその宗派のやり方に合わせるということになります。寺院葬儀のデメリットの詳細はこちら

スポンサードリンク