三重県尾鷲市の寺院

三重県尾鷲市の寺院一覧

三重県の画像

スポンサードリンク

尾鷲市 輪内支部三重県尾鷲市
古江町788
尾鷲市 尾鷲教会三重県尾鷲市
上野町4-6
尾鷲市 矢之浜教会三重県尾鷲市
栄町4-2
尾鷲市 念仏寺三重県尾鷲市
朝日町13-11
尾鷲市 祐專寺三重県尾鷲市
南陽町10-1
尾鷲市 光円寺三重県尾鷲市
中央町7-4
尾鷲市 金剛寺三重県尾鷲市
北浦町11-8
尾鷲市 永昌寺三重県尾鷲市
矢の浜204-1
尾鷲市 青松寺三重県尾鷲市
名柄町334
尾鷲市 常声寺三重県尾鷲市
林町8-34
尾鷲市 宝盛寺三重県尾鷲市
大曽根浦200
尾鷲市 東禅寺三重県尾鷲市
賀田町724
尾鷲市 法念寺三重県尾鷲市
三木里町578
尾鷲市 観音寺三重県尾鷲市
早田町92
尾鷲市 竜泉寺三重県尾鷲市
三木浦町276
尾鷲市 安定寺三重県尾鷲市
曽根町230
尾鷲市 普済寺三重県尾鷲市
須賀利町172
尾鷲市 光明寺三重県尾鷲市
古江町664
尾鷲市 地蔵寺三重県尾鷲市
梶賀町163
尾鷲市 海蔵寺三重県尾鷲市
三木浦町盛松457-1
尾鷲市 真巌寺三重県尾鷲市
九鬼町314
尾鷲市 観音寺三重県尾鷲市
向井町173
尾鷲市 永林寺三重県尾鷲市
行野浦137
尾鷲市 妙長寺三重県尾鷲市
北浦町2-1
尾鷲市 蓮昌院三重県尾鷲市
大字矢濱623-11
尾鷲市 法慶寺三重県尾鷲市
桂ヶ丘1361-2

寺院葬儀のポイント

スポンサードリンク

寺院葬儀とは、お寺で行なう葬儀のことをいいます。
菩提寺や昔からお世話になっているお寺、また同じ宗派の中のお寺に依頼して、本堂やお寺が指定する貸式場などで葬儀が行なわれます。葬儀スタイルは、時代とともに多様化してきました。 昔は、地域で付き合いがある菩提寺やお寺で葬儀をするのが自然でしたから、寺院葬儀が当たり前だったのです。しかし、最近は葬儀に対する様々なニーズや地域でのコミュニケーションの形の変化に伴い、葬儀社での斎場葬儀や家族葬、自宅での葬儀などが主流となっています。

寺院葬儀のメリット

寺院葬儀のメリットをお話しします。

1. 祭壇費用がかからないので費用が安い
本堂には、もともと厳かな祭壇が用意されているので、1から祭壇を用意する必要がなく、費用をかけずに厳粛な雰囲気の中、葬儀を行なえます。

2. 格調ある本堂で葬儀できる
お寺には、伝統ある本堂や庭、植物など格調高いスペースが多いです。そうした中で行なわれる葬儀には重みが感じられます。

3. 故人とゆっくりお別れすることができる
家の宗派のお寺で行なう葬儀のため、遺族同士の絆も固く、家族や親戚の人たちとともに、故人とゆっくりお別れすることができます。

葬儀会社の葬儀の違い

スポンサードリンク

お寺が保有する式場にて寺院葬儀を行なう場合、葬儀会社の葬儀とよく似たスタイルになることもあります。そうしたことから、寺院葬儀と葬儀会社の葬儀との違いが分かりにくく感じられることがあるのです。

基本的な違いは、寺院葬儀は家の宗派のお寺に依頼する葬儀で葬儀会社の葬儀は、葬儀会社に依頼する葬儀です。他にも違う点がいくつかあります。

1. 祭壇費用の違い
・寺院葬儀は、お寺の祭壇があるので生花を置くだけで立派な祭壇ができ、費用も安い
・葬儀社の葬儀では、1から祭壇を用意しなければいけないので祭壇費用+生花代がかかる

2. 葬儀場の違い
・寺院葬儀は本物のご本尊や本堂で格調高い葬儀ができる
・葬儀社の葬儀では、本堂のような厳かさはないけれども豪華なセットの中で葬儀ができる

3. 宗派やスタイルの違い
・寺院葬儀は、家の代々の宗派のお寺で行なうため、その宗派の仏式しかできない
・葬儀社の葬儀は、自由に場所が決められる上に、家族葬や密葬、自宅での葬儀、火葬だけを行なう直葬、お別れ会など宗教も自由に選べる

三重県

津市 | 四日市市 | 伊勢市 | 松阪市 | 桑名市 | 鈴鹿市 | 名張市 | 尾鷲市 | 亀山市 | 鳥羽市 | 熊野市 | いなべ市 | 志摩市 | 伊賀市
桑名郡木曽岬町 | 員弁郡東員町 | 三重郡菰野町 | 三重郡朝日町 | 三重郡川越町 | 多気郡多気町 | 多気郡明和町 | 多気郡大台町 | 度会郡玉城町 | 度会郡度会町 | 度会郡大紀町 | 度会郡南伊勢町 | 北牟婁郡紀北町 | 南牟婁郡御浜町 | 南牟婁郡紀宝町